Outlook Recovery Toolbox

Microsoft Outlook のデータを復元するユーティリティ

Outlook Recovery Toolbox (ダウンロード) は Microsoft Outlook (Microsoft Office のモジュールであるメールクライアント) の失われたデータを復元するプログラムです。 Outlook はデータを連絡先、タスク、ノート、アポイントメントとジャーナルを保管するPSTファイルに保管します。Outlook Recovery Toolbox は壊れた PST ファイルの読み取りをし、データを分析し、復元します。プログラムはデータを1Gb以下の新しい PST ファイルに保管します。

新しいPSTファイルのフォルダ構造は壊れたPSTファイルの構造と同じです。復元すべきファイルにあるメールなどのオブジェクトは、添付項目があれば同時に復元されます。

プログラムは使い方の簡単なアシスタントです。 Outlook Recovery Toolbox で生成されたPSTファイルはそのまま Outlook に追加可能です。 プログラムは元の Outlook データファイルを変更・インデックス化しないという点が便利な特徴です。

プログラムは1回に一つだけのファイルを復元します。幾つかのファイルを復元する必要がある場合には、数回、復元の手順を実行しなければなりません。 プログラムはシェアウェアであり、デモ版では、pstファイルに該当する各フォルダの5つ以下の対象しか復元できません。ユーザーはデータの復元に関するプログラムの能力を確認し、製品版を購入し、紛失されたデータを全部復元できます。

復元データを特別なファイルに保存するのはプログラムの追加的な機能です。

  • 復元されたメールは eml ファイルとして保存できます (Outlook Express を初め様々なメールクライアントがサポートする標準フォーマットです)
  • 復元された連絡先をvcf ファイルとして保存できます(連絡先の保存用のvCardファイル)
  • 復元されたノートをtxt ファイルで保存できます

従って、Outlook のフォルダにおけるオブジェクトはそれぞれ特別なファイルに保存されます。データを特別なファイルに保存する場合、ディスク上のフォルダ構造は PST ファイルのデータ構造と同じになります。更にプログラムは Outlook のデータファイルからメール、連絡先、ノートをインポートできます。Outlook は eml 形式でのメールをエクスポートする機能を提供していません。

  1. Outlook Recovery Toolbox は Outlook 97 を含めて全形式の PST ファイルを読み取り可能
  2. Outlook Recovery Toolbox はパスワードで暗号化されたPSTファイルのデータも復元できます
  3. Outlook Recovery Toolbox は 2Gb 以上のファイルを処理でき、元のファイルのサイズは 4Gb 以下です

スクリーンショット